貸し会議室を利用する際の注意点

自前の施設を持ち合わせていない場合、
大勢の人を対象にした会議や集会などを開催する時は
貸し会議室を利用するのが一般的な対処法です。

貸し会議室は、会議以外の目的でもよく使われていて、
勉強会やイベントなど、
静かな環境で複数人で何か活動したい場合には最適な空間です。

貸し会議室を利用する際、
契約内容をよく読んで利用規約を守るように心がけます。

多くの場合、複数の部屋がある建物の一室を借りることになるため、
他の部屋の利用者に迷惑をかけないように配慮するのが
社会的なマナーです。

また、廊下やエレベーターのような共有スペースは
特に気を付けて使用します。

荷物を持ち組む場合は長時間占有しないように、
迅速に行動する事が大切です。

貸し会議室は多くの場所が喫煙や飲食を禁止しています。
また、動物や危険物の持ち込みも禁止されている所が多いので、
事前によく確認しておくことが大切です。

大掛かりな設備を持ち込む場合は予め
家主の許可を貰うのが利用者の社会的なマナーであるといえます。
室内設備は汚れや傷を付けないように
丁寧に扱うように心がけることも大切です。

使用後は室内の清掃を行い、
ゴミはすべて持ち帰るのも社会人としての責任であるといえます。

社会的なマナーを守って
常識ある行動を取ることが正しい使用法なのです。

 

見やすい会議用ホワイトボードはこちら